資産運用会社について

投資信託はどんな仕組みになっているの?

手軽にできる投資として、よく投資信託が紹介されていますよね。たしかに投資信託は、利用しやす金融商品です。けれども利用するからには、その仕組みをきちんと理解しておきましょう。
投資信託は、大勢から小口の資金を集めて、それらを株式や債券などに投資して運用する金融商品です。証券会社や銀行の窓口で購入することができます。
証券会社や銀行では、販売などの手続きだけを担っています。投資家から投資された資金は、信託銀行に保管されます。信託銀行は、お金の保管と管理だけを担っています。株式の売買などの、実際の資産運用を担うのは、投資信託委託会社です。
投資信託委託会社が、信託銀行に指示をすることによって、お金が動くのです。投資信託委託会社のことを、資産運用会社とも呼びます。
つまり投資信託は、販売会社と信託銀行、それに資産運用会社という複数の会社が関わって、運用されているのですよ。

ファンドや販売会社を選ぼう

お買い物をするとき、特に高価な物だったら、どこの会社が作ったのかが気になりますよね。そしてそれが信用のあるメーカーなら、安心して購入できます。投資信託にも同じことが言えます。
でも投資信託には、複数の会社が関わっていますね。もっとも重要なのはファンド、つまり投資信託の運用を、どこの資産運用会社が担っているかということです。
迷うのなら、信頼できる大手のファンドを選びましょう。信託銀行は自分で選択できませんが、信頼できるファンドが利用している銀行なら、特に心配しなくてよいでしょう。
大手のファンドは大手の証券会社の、子会社であることが多いです。そうであれば販売窓口は、その大手の証券会社を中心に、考えることになります。
販売窓口は、大手という事だけではなく、販売員の方と上手くコミュニケーションできるかも、大きなポイントになります。心配ならいくつか訪れて、購入する窓口を選んでもよいでしょう。

ブラジル国債ファンドは毎月分配型のファンドがあるので、すぐに使用でき効率よく資産を増加させることができます。