資産運用の成功例

NISAでは長期的な投資を想定する

資産運用をするとき、期間を決めて行うことがあります。長期投資、中期投資、短期投資などがあります。短期の中には、デイトレードのように非常に短い期間で行うものもあります。大きな資産に投資して、少ない利幅で売買を繰り返す方法です。
NISA口座を用いて投資をして利益を得ようとするなら、短期投資はあまりよいとは言えません。この講座を使う魅力は、何といっても利益に税金がかからないことです。一度投資をすると5年間はそのままにしておけます。5年間何らかの利益を得続けて、それにかかる税金がない状態を得られればかなり得となります。株式よりも、安定した運用が行える投資信託の方が向いている場合があります。あまり値動きが激しいものは向きません。

1度に購入するより毎月少しずつ

NISA口座は、一般の場合は1年に120万までの上限が設定されています。一度売却をすると、再度その枠を使うことはできません。資産運用をして成功しようとするとき、いかに安く購入するかがポイントになりそうです。
方法としては、一度に枠を使い切ることもあります。1箇月に少しずつ購入していく方法もあります。下がっているときにピンポイントに購入できるなら一度に使い切る方法が良いといえます。しかし、いつ安いかを知ることは難しいです。
素人でも簡単に安定した価格で買える方法として、毎月少しずつ分散して買う方法があります。多くの場合価格変動があります。毎月少しずつなら、高い時に買ったり低い時に買ったりができるので、平均すると安定した価格で買うことが出来ます。